2012/06/03(日) 8:27
定期報告003
  テーマ:
  ..........................................................................................

 今週はチャリティーオークションの

 集計を行ないました、作品の執筆もまあまあ順調です。




 先月5月のチャリティーオークションの

 合計売り上げは1612円でした、

 そちらの方で自筆の著書「超爆弾ホスト」も1冊売れました、


 純粋に自分の経験とペン(と言ってもキーボード)だけで

 0から製作した物なだけに、売れた喜びも大きかったです。

 募金ページの活動費の積み立ては4万円になりました、


 今後もコツコツと積み立てて

 はやく本格的に殺処分廃止に向けて活動ができるよう

 頑張りたいと思います。







 akiさんのブログの 2012-06-02 08:21:00 の記事、

 動物愛護法改正速報2で知ったのですが、

 2012年6月1日)より動物の愛護及び

 管理に関する法律(動物愛護法)の

 一部が改正し、施行されたようです。

 これによって、ペットショップでは20時から

 翌朝8時までの展示販売は禁止されるようになりました、




 そういえばホストの仕事をしていた時、

 歌舞伎町にはウインドウで生体展示販売していて

 深夜もバリバリ営業のペットショップとかありました。


 私は夜の世界にちょっといたので

 よくわかるのですが、、あれはキャバ嬢、泡嬢相手に

 もろ「衝動買い狙い」です。


 彼女らはよくホストクラブへ行きます、

 何を求めているかって?

 いろいろあるのですが彼女らは疲れています、

 特に精神(メンタル)的に。

 なので「癒されたい」欲求はすごく高いのです。



 一人だけキャバ嬢の知り合いがいますが、

 その人もやはり猫を飼ってます。

 (キャバクラに行った事は一度もない)





 これから十年近く世話をしなければならない

 子猫や子犬を「衝動買い」というのは

 やはりどうしても疑問です、

 いまだに日本は生体展示販売をやってます。


 


 今回の法律改正は少しでも殺処分0に近づく

 一歩なのではないかと思います。



 しかし生体展示販売そのものを規制する法律は未だになく、

 8週間規制も実現できていないので

 まだまだ動物愛護法には多くの問題があります。





 とりあえず今回の法律改正で

 夜の展示販売が規制になっただけでも乾杯!


 そしてこれからは

 生体展示販売もなんとかなくなるように

 がんばりましょう!



 ※あくまでも私の目的は殺処分の廃止で、
   それに近づくことの一つが「生体展示販売の禁止」です。

 




 


 それにしても放送作家のakiさんこと藤村晃子様は

 「NO LOVE NO EARTH Projecut」の運営局の代表以外にも

 一般社団法人 日本動物虐待防止協会の

 代表理事もお勤めになっているようです、

 手広くやっているんですねー。 
 








←前 次→





 


戻る






Copyright © 2009-2012 hosino_kanata All Rights Reserved.