緊急告知ページ


  2014/06/06(日) 21:10
定期報告106 これ絶対Coo&RIKUの事じゃね?
  タグ: 定期報告106,,













〜 先週の目標 〜
 その1: 10話の製本の発注を済ませる= 達成 (残り:34/34p)  ―――――――――――――――――――――――― の頃、環境省が  「殺処分ゼロ」を目指す取り組み を始めた  というフレーズを良く聞くようになった。  「行政なんてあてにならない。」  と反発する人も中にはいるが、  とりあえずシカト決め込まれるよか  なんらかのアクションがあったほうが  ありがたいというか、  ないよりかはマシとも思う。  他力本願は好きじゃないけど、  なんせ今は執筆活動に集中してるので  大した活動ができやしない!    頑張れ環境省!    くたばれ厚生省!  ごめん、厚生省って実は良く知らないけど  なんとなく言ってみたかっただけ・・! 、そのことについて触れた  ニュースサイトの記事をちょろっと読んだのですが、  そこからまたさらに関連のリンクが張られていて  おもしろい記事を発見したのでちょっと転載します。    だたし、3年以上前の記事であり、  現在はネット上だけのペットの売買はダメで  対面の義務などがあるはずです。  以下、ジャーナリストの  山藤章一郎さんがレポートした記事。 -----------------------------------------------------------  ネット時代、最近では「犬のネットオークション」まで存在する。  その実態をジャーナリスト・山藤章一郎氏がリポートする。  * * *  ネットオークションでも売った側、  買った人のあいだで、トラブルが急増している。  以下、国民生活センターへの相談。  「届いて2日で死んだ」「骨折しているみたいだ」「下痢がひどい」  「朝から晩まで喉が切れるくらい吠える」「約束した血統書がついて来ない」  ネット販売では実物を見に行く人ばかりではない。  映像だけで飼う人も多い。販売者にも会っていない。どんな人物か知りようもない。  気に入ってクリックするが、〈遠隔地〉は普通である。  最初から確認には来られないことを前提に  「ぜひ見に来てください」と書きこむ業者もある。  そして、病気にかかっていると分かっていても売ってしまう。  あるショップの犬たちはみな、大きな瞳を光らせて可愛く見える。  強いストロボを当てて撮影したり、写真そのものに加工を  しているのではないかと、フォトショップの専門家はいう。  トイプードルなど、色が値段を左右する犬には、  フォトショップで加工する。届けられた犬の色が薄いという抗議は  「成長すると薄くなる」とあしらう。  <NPO 地球生物会議>の野上ふさ子代表は語る。  「ペットショップの犬も苛酷です。従業員が病気の犬を   さわった手で別のを触わる。それで感染症が起きる。   あるペットショップでは11%も死んでいるといいます」  骨折して商品にならない。繁殖能力が尽き、用済みとなった。  売れ残って、エサを食うばっかりだ。それらが殺処分に持ち込まれる。  平成20年度、東京の殺処分は371匹。意外に少ない。だが、  茨城は5467匹。埼玉2642匹。千葉4289匹  (ALIVE全国動物行政アンケート調査H21年度)。  ペットの巨大マーケット東京を支えるブリーダーが、  近郊県で営業しているためと考えられている。  全国の殺処分数は約17万匹。  ※週刊ポスト2011年3月25日号 ----------------------------------------------------------- のさぁ・・     あるショップの犬たちはみな、  大きな瞳を光らせて可愛く見える。  強いストロボを当てて撮影したり、  写真そのものに加工をしているのではないかと、  フォトショップの専門家はいう。  とか    トイプードルなど、色が値段を左右する犬には、  フォトショップで加工する。    ってさぁ・・             COO&RIKU  じゃね?    Coo&RIKU  あそこワンコの目ん玉っていっつも  キッラキラテッカテカ       僕の活動日誌の記事って  Googleのブロガーっていうとこへ  いつも転載する形で載せてるんだけど、  もうほとんどアクセスなくて  ほんとに単なるバックアップみたいに  使ってるようなもんなんだけど。。  このCoo&RIKUについて書いた記事だけ  アクセス数がハンパない。    他の記事の平均の  約1000倍!  170ぐらい記事あるけど  全部のアクセス足しても9割以上が  コイツみたいなもん。  すげぇ事になってんぞ? (GO is GOD)  この前「とある青年活動家の書いた記事です」みたいな感じで転載もされてた。    「COO&RIKU」で検索しても凄まじい酷評のあらし。    買った犬が死んだだの  なんだのってさぁ、、  一体なにやらかしたんだ  ここのグループ。  (そりゃ国民生活センターへの相談も殺到するわ)    ちなみに僕がそこのお店を  レポートした時の記事はこちら。  生体展示販売をするCoo&RIKU 新宿店  生体展示販売をするCoo&RIKU  生体展示販売を行なうペットショップは  どこも決して利用しないでください。  エサやおもちゃを買うならまだしもですけど、  日本中の動物愛護センターや保健所に  救いを待っている犬や猫はたくさんいます。  どうか彼らに救いの手を差し伸べてください。  そして年間の殺処分数が  16万頭という現実の中、  それでも新しく命を増やし、  ぬいぐるみのように可愛く見せて  不特定多数に売りさばくという行為が  どういった結果に繋がるか?という事を、  より多くの人に考えてもらいたいです・・。      
〜 今週の目標 〜
 その1: 原稿を5ページ仕上げる  (残り:/34p)  ――――――――――――――――――――――  失敗した場合の罰金:7000円
 ←前一覧 次→ 



   

この記事のURL ( リンクフリー 転載自由 )
http://hosino-kanata.com/katudou/nissi/20140606/20140606.htm


緊急告知ページ














© 2014 星野かなた All Rights Reserved.