緊急告知ページ

 
 

  2017.05.31(水) 18:16
著:星野かなた  
月末報告053 動物愛護の話をするタイミング








 今月の積立額は5,000円。

 





 募金総額は約68万5000円になりました。











 みは、身近な人に動物愛護の

 話をする機会はあるだろうか?


 私はSkypeで人と話していたりすると

 なかなかの割合で猫を飼ってる人がいて

 犬を飼う者も結構いる。


 まぁ彼らは基本的に自分と同じで

 動物が好きな(はずの)人である。


 だがそういう人らに

 遭遇すると、心のそこで

 何かざわつく。



 身に覚えがある人も

 いるのではないだろうか?


 今も毎日百匹以上の犬猫が

 殺処分されていることを

 現実問題として身にしみて

 実感している我々は、

 こういった類の人間に遭遇すると、

 ついつい心のそこで

 何かイラつきと言うか、

 妙な不快感を

 覚えることがある。



 最近2匹の猫を飼っている人と

 よく話す機会があり、その人はなんと

 メインクーンを飼っていた

 (メインクーン:世界一大きい猫)


 メインクーンが保健所にいるところは

 想像できないので、おそらく

 ペットショップから買ったのだろう。

 しかもこいつは異様に「猫が猫が〜」

 とうるさく、こちらとの会話中でも

 しょっちゅう猫に話しかけたり、

 それ以外も無駄に猫の話題が多く

 もちろん「猫大好きー♪」と言う。





 違う人のケースだと、こちらが

 「最近ネコ触ってねぇなー
  あぁ、ネコ触りてぇな〜」

 と言うと、基本的には

 「猫好きなんだー!?
  私も私も〜♪ そうだっ
  猫カフェ行けばー?」

 と返ってきたりする。




 
 ・・・・・・・・・・






 

 テメェらみてぇに

 そうやってペット産業に

 金を落としてくバカが

 溢れかえってるせいで

 パピーミルにゃ一生オリから出れず

 ひたすら子を産まされ

 衰弱死する母犬がいるわ、


 クソ狭いショーケースに

 ところせましと生後間もない

 赤ちゃん犬や猫たちが

 今日もまぶしい照明を浴びながら

 店先に並べられるわ、


 その異様な光景に

 疑問を持つどころか

 どいつもこいつも

 気軽にペット買いやがって

 結果的に捨てられる犬や

 増えすぎた子猫が

 今も処分機のガスで窒息しながら

 悲痛な死を遂げるわ、


 おかげで罪のない動物達や

 このオレ様まで

 苦しい思いをしとんじゃ!

 ボケぇー!!
















 


 な〜んて

  言っては

   いけないよ♪






 だって彼らは

 単に知らないだけ

 と言うケースが多い。


 日ごろペットを

 可愛がってるなら

 きほん動物が好きな人だ。


 どこにも、こちらと

 対立する要素なんてないし

 ちゃんとしたタイミングで

 事実をそのまま話せば

 わかってくれるだろう。


 ただ、皮肉にも

 そういう何も知らない

 犬好き猫好きによって、

 (とりわけ猫好き)

 この国では犬も猫も

 凄惨な虐待、虐殺を

 強いられている。



 これだけ人気なんだから

 商品にならないわけがない。

 ましてあらゆるサイズと

 種類まである上、高値で売れて

 いくらでも増やせるときてる。

 売るな!というのも

 無理な話だろう。


 薄利多売で乱繁殖させる

 ペットショップも問題だが、

 結局それらは

 無知で想像力の乏しい

 彼ら無しには成り立たない。


 どっちも問題である。


 だが、そんな無知な人たちを

 いつまでも説得できず、

 殺処分がなくならないのは

 誰のせいであろうか?


 それは伝え方のヘタクソな

 我々の問題でもある。




 では、そういう

 「動物は好きだけど結果的に

  虐殺に加担してる彼ら」

 には、どんなタイミングで

 こういう話を切り出すべきか?






 ん〜・・・・・









 まぁ テキトーに?







 



 

 
















 ←前一覧 次→ 



   

この記事のURL ( リンクフリー 転載自由 ) 
http://hosino-kanata.com/katudou/nissi/20170531/20170531.htm

 
 

緊急告知ページ














© 星野かなた All Rights Reserved.